カードローンを返済できずに任意整理をしたことによる妻の変化

妻がカードローンでお金を借り過ぎて返せなくなり、任意整理をした時の話です。元々パートの仕事をしていて、自分名義で借りていたようなので、私は何も知りませんでした。
しかしある日、話があるというので聞いてみると、カードローンを利用していたけれど返せなくなった、だから債務整理をしたいと言い始めたのです。正直言って驚きました。借入れ額を聞いてみると、50万ほどで、私が援助すれば返せない金額ではありません
しかし、自分の判断で借りたのだから、自分でどうにかしたいと言い、結局弁護士の勧めで、妻は任意整理をすることになりました。
すべてパートの収入から返済すると言っていましたが、やはりそれは大変そうなので、10万だけ援助して、あとは自分の収入から払うようにさせました。もちろんクレジットカードも解約して、私のカードの家族カードを作ることにしました。借金そのものは2年ほどで返済でき、さらに5年経ちました。
一応5年経ったのだから、また借入れやカードの申込はできるはずなのですが、今度は随分慎重になっているようです。パートの給与振り込みに使っている口座にも、カードローンの利用案内が来るらしいのですが、すべて断っているとのことで、任意整理をすることにより、お金に対しては私よりもシビアになっているようです。
みんなの掲示板 6月16日
… 法律相談=毎月第1土・第3木曜13~16時▽女性臨床心理士によるこころの相談=第3土曜14~16時。場所は佐賀市天神の県立男女共同参画センター(アバンセ)。相談は無料。法律相談とこころの相談は事前に電話相談が必要。相談専用ダイヤル=0952(26)0018(続きを読む)

サラ金からの借金を返せないときにとった方法

私が若い頃の話ですが、サラ金からの借金を返せなくなりました。
消費者金融は、その頃はサラ金と呼ばれていて、金利も最大29.2%という高金利でした。サラ金からの借金を返せないので、またサラ金から借りるという借金地獄に陥っていました。私は、弁護士に相談をして、任意整理をしてもらうことになりました。サラ金の金利は29.2%とかなり高かったので、任意整理をして金利をゼロにしてもらって、元本だけを返済できるようにしてもらったことで、大きなメリットがありました。その後5年間はクレジットカードなども利用できなくなりましたが、むしろ借金をできないということがメリットであるとも感じました。
借金癖というのは、一種の病気のようなものなので、そもそも審査に通らなければ、その病気の薬となります。
5年間借金をすることなく生活をしたことで、私の借金癖は治ったような気がします。自己破産をしてしまっていたら、10年間は影響をしていたので、任意整理を選んでおいてよかったです。
その後、反省した私は、しっかりと貯金をするようになり、夢のマイホームも持つことができました。任意整理をしたおかげで、人生をやり直すことができました。あのまま金利を払い続けていたら、もっと長引いていたでしょう。
田中聖、LINEで“お金が足りない” 数千万円単位の借金返済に追われていた
聖クンがお金に困っているという話は六本木界隈では有名でした。しかし、女性は無料のイベントが多かったので、大きくは儲けていなかったと思います」(前出の男性). ジャニーズ時代と変わらない声援を送るファンは多い。しかし、あまりにギリギリすぎるその生き方はファンを悲し (続きを読む)